借金減額のしくみ(グレーゾーンについて)

多くの金融業者は利息制限法を超え出資法の上限の範囲で融資していました。
この利息制限法と出資法の間をいわゆるグレーゾーンといいます。

利息制限法には罰則がなく、出資法の定めに違反すると罰則がありますので、多くの金融業者は利息制限法を超過し、出資法の上限の範囲でお金を貸し出していたわけです。

貸金業者に罰則はないとはいえ、民法上、利息制限法を超過する部分は無効となりますので、この超過した金額を元本に充当させることで元本を減らすことができます。

完済している借金についても、グレーゾーン金利で返済していた場合は過払い金を請求することが可能です。
過払い請求には時効がありますので、「自分の状況はどうなのかな?」と思われる方はすぐにご相談ください。

無料メール相談受付はこちら
無料メール相談はこちら
事務所について