自己破産 Q&A

Q.返済が滞り毎日のように電話がかかってきて困っていますが、取立ては止まりますか?
A.止まります。受任以降債権者が直接依頼者に取立てを行う行為は、法律で禁じられています。最短で受任当日に取立ては止まります。
Q.自己破産とはどんな手続きですか?
A.法的に借金がなくなり,免責後は、税金や罰金等を除き借金を返済する義務がなくなります。自己破産は生活を建て直す上で最も有効な方法です。
Q.自己破産すると自宅は手放さないといけませんか?
A.自宅のみならず自家用車など高価な財産はすべて現金化され債権者に平等に配当されます。99万円を超える現金や時価20万円を超える財産は処分の対照となります。但し、家財道具な必要最低限の生活必需品は対象からはずされます。
Q.一部の借入れを自己破産の対象からはずせますか?
A.会社からの借金や友人、知人の借金まで全て借金が対象となりますので一部の借金だけを自己破産の対象から外すことは出来ません。
Q.自己破産をすると会社を辞めなければいけませんか?
A.自己破産をしても会社に通知がいくことはありません。万一会社に知れても自己破産が理由で解雇することは出来ません。但し、手続き期間中(約6ヶ月程度)、保険募集人や警備員など資格制限がある職には就くことができません。
Q.自己破産すると戸籍や住民票に載りますか?
A.記載されるのは「官報」と本籍地の「身分証明書」及び「破産者名簿」です。官報は一般の書店には置いていませんので、一般の人が見る機会はほとんど無いと思います。また、破産者名簿を一般の人が勝手に見ることはできませんので自己破産したことを他人に知られることは、まず無いと思います。
Q.家族に内緒で自己破産できますか?
A.自宅に通知が来ることがありますので、家族に知られる可能性があります。また、同居している家族の収入を証明する書類の提出を求められますので、事前に相談し協力を得るべきでしょう。
Q.自己破産をすると家族に影響がありますか?
A.ご家族が保証人になっていない限り破産者以外の家族の財産を処分したり就労等に影響はありません。
Q.免責が下りない場合がありますか?
A.借金の原因が、ギャンブルや著しい浪費であったり、返す見込みが無いことがわかっていながら借金した等がありますが、免責不許可事由に該当してもよほどのことが無い限り免責はおりると考えて良いと思われます。
無料メール相談受付はこちら
無料メール相談はこちら
事務所について