事務所案内

支店長 宮村 勇規
東京司法書士会所属 登録番号3986号
簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第309037号
所在地 東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー 5階
最寄り駅 新宿駅 徒歩5分
南新宿駅 徒歩8分
代々木駅 徒歩6分
電話番号 0120-963-963
03-4405-7300
営業時間 9:30 〜 21:00
※土・日・祝日はご相談ください。

【新宿支店 周辺地図】

【大阪本店】

代表者 代表司法書士 姜 正幸
大阪司法書士会所属 第4065号
簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号
所在地 大阪府大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F

アヴァンスの取り組み

アヴァンスでは、以下のような取り組みを実施して、依頼者の皆様に、最善・最適なサービスが提供できるよう、日々努力しています。

@コンプライアンスの遵守
全従業員に適正な業務と法令を遵守させるため、認定司法書士による業務内容のチェックを常時行っています。

A外部からのオピニオン
複数名の顧問弁護士によるリーガルチェックを実施することにより、業務の適正化に努めています。

B顧客満足度の向上
業務終了時にアンケートを実施し、依頼者の要望・意見などを積極的に取り入れるようにしています。
また、IT技術を駆使して、迅速かつ正確な情報共有を行い、よりよいサービスを提供できるよう、日々努めています。

アヴァンスの債務整理指針

アヴァンスでは、以下のような指針により、依頼者の皆様に最善・最適なサービスが提供できるよう、日々努力しています。

@お客様一人一人に最適なプランを提案いたします
最近の判例の動向や、法律改正、業者の経営状況などを多角的に考慮しつつ、過払い金の回収、支払い債務の和解、解決方針等について、お客様一人一人に最適な問題解決プランをご提案いたします。
これは、数多くの多重債務問題を解決してきた実績・ノウハウを有するアヴァンスだからできることです。

A借金問題の最終解決まで取り組みます
多くの事務所は、任意整理における支払い債務の和解をすると、依頼者との契約を終了します。
その後は、債権者と依頼者とで直接やり取りを行うことになるのが一般的です。
ですので、返済が遅れたりした場合の対応も全て依頼者自身で行わなければなりません。
任意整理は3〜5年の期間の分割和解をしますが、その間に不測の事態が起こらないとも限りません。
不測の事態が起こったらただでさえ大変なのに、その上返済の心配までしないといけないとしたら…?
アヴァンスは、お客様の問題解決がなされるまで、最後までお付き合いいたします。

B安易な和解はいたしません
昨今の経営状況の悪化により、貸金業者は、過払い金の減額交渉だけでなく、支払い債務について18%の将来利息の付加も請求してくるようになりました。
実際、いくつかの事務所は利息を付加した和解に応じているようです。
しかし、『法律上認められている=返済可能』ではありません。
例えば、50万円を15,000円ずつ、18%で返済した場合、完済までに約20万円もの利息が発生します。利息をつけて和解をしてしまったら何の解決にもなりません。
アヴァンスは、過払い金の回収だけに偏重せず、支払い債務についても一貫して利息カットでの和解に取り組んでいます。

業務内容

◇任意整理・過払金返還請求
 業者との交渉・和解締結、書類作成代行、簡易裁判所での訴訟代理
 上記に伴う各種事務

◇自己破産・個人民事再生
 書類作成代行
 上記に伴う各種事務

無料メール相談受付はこちら
無料メール相談はこちら
事務所について